■プロフィール

hy

Author:hy
30代の主婦です
夫と2人暮らしです
平日は働いています
2007年3月に引っ越しました!!
2009年6月第一子誕生しました♪

■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ展開メニュー

  • 家に関すること全般(8)
  • 土地(11)
  • ハウスメーカー選び(22)
  • 契約まで(9)
  • 家の構造・性能(5)
  • 着工まで(1)
  • 地鎮祭(2)
  • 基礎工事(2)
  • 木工事(2)
  • 設備(照明・配線)(8)
  • 設備(その他)(13)
  • 設備(キッチン)(10)
  • インテリア(カーテン)(5)
  • インテリア(家具)(2)
  • 引越(4)
  • お金関係(22)
  • おうち紹介(5)
  • 外構(5)
  • ガーデニング(0)
  • 住んでから(4)
  • 買ったもの欲しいもの(4)
  • 育児(1)
  • その他(2)
  • 未分類(0)

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■みなさんのブログ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
おうち紹介(キッチン床)
今まで営業さんとかに見られたらいやだな~と思って
家の写真を載せるのを避けてきましたが、
もういいかなと思ってきましたので
少しずつ載せて行こうかなと思います。

とりあえず、最初は控えめに・・・・

キッチンの床です。

kitchen_1


キッチンの床はクッションフロアです。
最初はタイルがいいなぁ・・・と思っていたのですが、
「硬い」→「お皿を落としたら割れる」
「冷たい」→「冬つらい」
という理由で辞めることにしました。
ドジで寒がりの私には無理だなと。。

そして、フローリングにするかどうか迷ったのですが、
水や油が跳ねても拭けばきれいになることと、
傷つきにくいこと、そしてタイル調にできることより
クッションフロアにしました。

結果・・・・正解でした!!!

フローリングは傷ついたりするのが気になるのですが、
クッションフロアは全然気になりません。
高いところの物をとるための台をバンッ!と置いても大丈夫だし、
調理器具を落としても大丈夫。
そして、汚れてもささっと拭けば綺麗になります。

また、フローリングとは雰囲気を変えることができるので
インテリアなど変えられて楽しいです♪

うちは対面キッチンなのですが、
ダイニングはフローリングです。
境目がどうなっているかといいますと・・・・
こんな感じです。

kitchen_2


どのようになるのか心配でしたが、全然気にならないです♪

フローリングにこだわってない方、
キッチンにクッションフロアはいかがでしょうか~

高いフローリングを採用した場合、
ちょっとコストダウンにもなりますよ☆
スポンサーサイト


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

おうち紹介 | 23:07:22 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
うちもキッチンは、クッションフロアかコルクにする予定です。
フローリングとの境目が気になってましたが、上手くつないでくれるんですね。
しかもクッションフロアってそんな柄があるとは知りませんでした。
クッションフロアの方向に傾きました(笑)
まあ、嫁が許せばですけどね~(^_^;)
2007-06-09 土 22:09:03 | URL | Combi [編集]
Combi さんへ
キッチンはクッションフロアかコルクですか~
いいですね!!
うちも、洗面所にコルク・・・という話を出したことがあったのですが
そのときちょうどコストダウン大作戦の真っ最中でしたので
あっさり諦めました・・・。
キッチンは奥様の要望を一番に聞いてあげてくださいね~
2007-06-11 月 15:43:22 | URL | hy [編集]
クッションフロア、お手入れしやすそうですよね~
我が家もこれにしようかな。。。とこちら見させていただいて私も思いました~♪
2007-06-14 木 12:53:26 | URL | caco♪ [編集]
caco♪さんへ
はい、お手入れしやすいですよ~
選択肢のひとつに入れてみるといいと思います♪
デザイン的にイメージに合うものがあるかどうか・・・が問題ですよね。
いろいろ決めることあって大変だと思いますが頑張ってください~☆
2007-06-15 金 12:38:09 | URL | hy [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。