■プロフィール

hy

Author:hy
30代の主婦です
夫と2人暮らしです
平日は働いています
2007年3月に引っ越しました!!
2009年6月第一子誕生しました♪

■ブログ内検索

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ展開メニュー

  • 家に関すること全般(8)
  • 土地(11)
  • ハウスメーカー選び(22)
  • 契約まで(9)
  • 家の構造・性能(5)
  • 着工まで(1)
  • 地鎮祭(2)
  • 基礎工事(2)
  • 木工事(2)
  • 設備(照明・配線)(8)
  • 設備(その他)(13)
  • 設備(キッチン)(10)
  • インテリア(カーテン)(5)
  • インテリア(家具)(2)
  • 引越(4)
  • お金関係(22)
  • おうち紹介(5)
  • 外構(5)
  • ガーデニング(0)
  • 住んでから(4)
  • 買ったもの欲しいもの(4)
  • 育児(1)
  • その他(2)
  • 未分類(0)

■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■みなさんのブログ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
契約前にすべきこと!
『間違いだらけのハウスメーカー選び』という本を読みました。
そこに、契約前に気をつけることが書いてあったので
ここにメモしておくことにします。

まだまだ先なので忘れそうだから・・・

~~契約の流れ~~

1.基本設計
  平面図・立面図

2.概算見積り
  仕様・仕上げはメーカーが想定

3.資金計画
  まだ確定していない(全体の6割くらいと思ったほうがよい)

4.敷地調査
  契約前に絶対実施すべき

5.契約用設計図
  平面図・立面図・仕上げ表・配置図

6.契約用見積り
  詳細打ち合わせの前段階見積もり(全体の8割くらい)

7.契約
  仮契約に近い
  費用に関しては仮契約、契約行為そのものは本契約

8.実施設計
  契約後に詳細な打ち合わせをする矛盾

9.カラースキム
  部材・色・外構等付帯工事の決定(物を変えれば金額が大きく変わる)

10.確認申請
  行政指導の変更が発生することが多い

11.追加変更契約
  仮契約と金額が大きく変化することが多い

12.着工


契約後の変更を少なくするためには・・・
契約前にきちんとチェックしなければいけない!!



~~契約前の7つの鉄則~~

1.基本設計段階で最低次の要素を納得するまで確認せよ
   間取り、天井の高さ、屋根、ガラス、樋、外壁、断熱材、
   キッチン、浴室、便器、洗面台、照明の位置、コンセントスイッチの位置、
   給水給湯箇所、外構計画、その他特別なリクエスト

2.敷地調査報告書の不備による費用増は、ハウスメーカーがもつことを確認せよ
   不備・間違いが原因で工事費等がアップした場合、
   ハウスメーカー側に責任がある旨の確認を取り付けておく

2.工期を契約書に明記させよ

3.下請け工務店を確認せよ

4.確認申請の許可は契約前に取得させよ
   建物を建てるには役所に確認申請を提出してその許可通知を
   もらわないと着工できない

5.引渡し書類のうち、とくにこれをチェックせよ
   緊急連絡先…実際に工事に携わった下請け業者の連絡先一覧
   竣工図…現場でどのように変更があったか
   工事検査記録…検査の記録は残さなければならない
   アフターメンテナンス体制についての書類

6.契約書に添付されるべき書類をチェックせよ
   ・見積書(発注するすべての詳細見積もり)
   ・設計図(配置図、平面図、立面図、矩計図、展開図、仕上げ表、
        仕様書、基礎図、構造図、電気設備位置図、給排水設備位置図、
        冷暖房設備図、外構図、その他特別に依頼する内容の詳細図)
   ・契約約款
   ・工事工程表
   ・打ち合わせ記録
スポンサーサイト


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

家に関すること全般 | 23:14:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。